当社の社長が会社のありのままの姿をさらけ出しております!ご興味ありましたらどうぞ!

ネットワークエンジニアがアイティアスリートっていう会社立ち上げてみたブログ

見積依頼フォームを作ってみる ()
こんばんは! ネットワーク設計構築やパソコンのレンタルやってます、アイティアスリート株式会社 中村 学と申します。 本日、当社サイトで御見積依頼フォームを置いてみました!(パチパチパチ) 見てください!10分そこらで作った会心の出来!! モダンUI?UX?ごめんなさい。難しい単語分からないです。。 そんな私でも簡単にWebフォームが作れちゃうJimdoさん。今から起業しよう!という方にはとてもおすすめです。 もちろん商売としてここからご依頼いただければ御見積お出しします! 私も対応してます!(たまに) 是非ごひいきにー。
>> 続きを読む

IT導入補助金より、厚生労働省の働き方改革推進支援助成金(テレワークコース)の方がおすすめ ()
こんにちは! アイティアスリート株式会社 代表の中村です。 法人様向け通信ネットワークのコンサルティングや設計構築をやっております。 コロナウイルスが流行ってもうはや数ヶ月ですが、皆さんいかがお過ごしでしょうか。 当社は3月よりバックオフィス含めて全社員テレワークに移行し、色んなメリットや課題を日々感じながらお仕事しております。 最近一緒にお仕事いただいているお客様より「テレワーク基盤整備のため、IT導入補助金を使いたい。」というお問い合わせをいただきまして、私も色々調べたり問い合わせしたりしました。 結論としては、IT導入補助金を検討される方は、最近制度改正されて助成率がIT導入補助金と同等となった、厚生労働省の働き方改革推進支援助成金(テレワークコース)をおすすめします。 働き方改革推進支援助成金(テレワークコース) https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/koyou_roudou/roudoukijun/jikan/telework_10026.html IT導入補助金ですが、お客様も導入をお手伝いする我々にとっても、かなりハードルが高いなぁと感じてます。 両者の違いを簡単にまとめてみました。 あくまで経営者視点で書いてます。補助金と助成金で微妙に文言が違うので、文言も単純化してます。 赤字が検討するにあたって注意・着目したい点です。 ご覧いただくと、IT導入補助金は書類を書くにあたっての相談相手がいなかったり、買いたくもないソフトウェア(失礼)を買わされたりと、正直、業者の思うつぼになる部分が多々あります。業者が言うのもなんですが。 また、テレワーク推進したいだけなのに従業員の給料をアップしないといけないというルールが、確実に経営者を苦しめるはずです。私なら二の足ふみます。 それに比べてテレワークコースの方は本来やりたかったテレワークをすれば助成金を給付してくれるという親切設計。 数年前からある制度なので、社労士さんも申請の勘所がわかっている方もいらっしゃいます。 業者目線で言うと、IT導入補助金は我々もお客様の経営計画に踏み込んで、Webより申請をしなければならず、その手間は想像以上に大きく、それを価格に転嫁しないといけません。 働き方改革推進支援助成金(テレワークコース)はお客様が書類作成・申請する前提なので、書類記入支援は別途お金をいただく事も、お客様は納得してくれます。 テレワークコースの欠点は迅速性です。 テレワークコースは、支給決定するまで購入してはいけないというルールがあり、IT導入補助金は例外的に先に購入してよいというルールになっています。 ただ後者はもろ刃の剣で、IT導入補助金は場合によっては支給されない可能性もあることを念頭に置かなければいけません。 テレワーク基盤の整備は金額的にも決して安いものではありませんので、コロナウイルス禍を乗り切るためにも、うまく制度を活用していきたいですね。
>> 続きを読む